ハンゲームとは

ハンゲーム(Hangame)は、韓国NHNグループが運営しているオンラインゲームコミュニティサイトです。オンラインゲームをする方は特に、NHNグループという名前をご存知な方は多いかと思いますが、NHNグループは韓国最大のインターネットサービス会社なんですね。NHNは、Next Human Networkの頭文字を取って名付けられ、1999年6月2日に設立されました。インターネット検索事業やオンラインゲーム事業だけでなく、他にも広告事業・e-commerce事業なども行っています。ちなみに、ネット検索事業ではNAVER(ネイバー)を運営しています。日本では、2000年9月に現地法人を設立した後、NHN Japanとしてハンゲームと、ブログサイトのCRUCRU、ライブドアの事業を行いました。2007年12月、ネット検索事業を行っている子会社のネイバージャパンを日本に設立し、検索サイトそのものは、2009年6月からクローズドβ版、7月からオープンβ版を提供し、同時に、ツイッターをしている方にとっては特にお馴染みのNAVERまとめも公開されました。

そして、オンラインゲーム事業に、ゲームポータルサイトであるハンゲームが属しているのです。このハンゲームは、韓国市場のなかでも売上高トップを誇るほどの人気です。日本では、先ほども挙げましたが、2000年9月にハンゲームジャパンが設立し、同年11月に日本語版サイトの運営がスタートしました。そして、2003年10月にハンゲームジャパン株式会社とネイバージャパン株式会社が合併して、NHN Japan株式会社となり、現在に至るのです。

このハンゲームでは、ボードゲーム・間違い探し・RPG・アクションゲーム…など、様々なジャンルのゲームが無料で提供されている他、ハンゲームを利用しているユーザーの分身とも言える、やや頭が大きめのキャラクターであるアバターも人気となっています。ただ、自分の分身として存在しているだけでなく、シャツ・セーター・ジャケット・ワンピース・スカート・パンツ・靴・鞄・アクセサリー・髪型…などを着せ替えることもでき、女性を中心に高い人気を得ています。自分の好みをアバターに反映させたり、正に分身として自分にアバターを似せてみたり…と、もちろん使い方はユーザーの自由です。アバターアイテムは、無料のものと有料のものがあり、有料の場合は、ハンゲーム内で使用することができるハンコインを使って購入することができます。なお、後で詳しく説明しますが、ハンコインは有料です。他にもハンゲームでは、ブログ・チャット・掲示板などの提供も行っています。

どのコンテンツで遊ぶかは、ユーザーの自由です。オンラインゲームだけを楽しむのも良いですし、オンラインゲームには見向きもせず、アバターを集中して楽しんだり。または、他ユーザーとのコミュニケーションを目的に利用しても良いですよ。

なお、ハンゲーム内のコンテンツを楽しむためには、まずはハンゲームに会員登録して、ハンゲームIDを取得する必要があります。ハンゲームへの登録は無料で行うことができ、メールアドレスさえあれば簡単に登録することができますので、手間がかかることはありません。メールアドレスを入力すると、そのメールアドレス宛に会員登録手続きの案内が送信されますので、24時間以内にメール内に記載されているURLをクリックして、会員登録手続きを行います。会員手続きでは、個人情報を記入する必要はなく、ハンゲームID・パスワード・生年月日・性別・アバタータイプ(アバターPureかアバターCool)を記入・選択するだけです。内容に間違いがなければ登録を完了させ、すぐにハンゲームで提供しているほとんどのサービスをプレイすることができますよ。

ハンゲーム提供のコンテンツ

ハンゲームでは、様々なコンテンツが用意されています。大きく分けると、オンラインゲーム・各種コミュニティ・アバター…でしょうか。

現在、ハンゲームでは、アクションゲーム・シューティングゲーム・RPG・シミュレーションゲーム・スポーツゲーム・パチンコ/パチスロ・テーブルゲーム・パズル/頭脳ゲーム…のジャンルに分かれて多く存在しています。代表的なゲームタイトルをジャンル別に、具体的に挙げていくと、アクションゲームならば、ドラゴンネスト・アラド戦記・モンスターハンターフロンティアオンライン・マビノギ・メイプルストーリー・マイオーディションなど。シューティングゲームならば、SPECIAL FORCE2・SDガンダム カプセルファイター オンライン・サドンアタック・ペーパーマン・ヒーローズ イン ザ スカイ パトリオット・クロスファイアなど。RPGならば、チョコットランド・TERA・カード戦隊ヒーローズ・デスティニーモンスターズ・Angel Love Online・トリックスター・グラナド エスパダ コンチェルトゲート フォルテ・ルーセントハート・ブレイドクロニクルなど。シミュレーションゲームならば、ハッピーベジタブル・戦場のヴァルキュリアDUEL・戦国IXA・鬼武者Soul・モンスタードラゴン・無敵三国・はじめようマイ・キングダムなど。スポーツゲームならば、プロ野球ファミスタ オンライン2012・わくわくフィッシング・野球つくONLINE2・スカッとゴルフ パンヤなど。パチンコ/パチスロならば、ななぱち・パチスロDX・パチンコDXなど。テーブルゲームならば、7ポーカー・麻雀4・三人麻雀・花札参・おいちょかぶなど。パズル/頭脳ゲームならば、対戦☆ZOOKEEPER・あつまれ!おえかきの森・万里の長城など…があります。

これらゲームのうち、ほぼ全てのゲームタイトルはゲームプレイ基本料金無料となっています。ジャンルによっては(RPGやシューティングゲームなど)ゲームプレイ基本料金無料、アイテム課金制となっています。ちなみに、アイテム課金制というのは、ゲーム内で使用するアイテムなどは有料である…ということです。つまり、ゲームプレイ基本料金無料・アイテム課金制というのは、ゲームをプレイすること自体は無料で行うことはできますが、ゲーム内に登場する特定のアイテムや、特別な能力のあるアイテムなどは、実際にお金を購入なければ手に入ることができない…ということになります。大抵のゲームタイトルには、それぞれゲーム内通貨というものが存在しますが、ゲーム内通貨というのは、例えばモンスターとバトルし、勝利した際の報酬として獲得できるものだったり、クエストをクリアした報酬として受け取ることができるものだったり、無料で獲得することができるものなんですね。もちろん、そのゲーム内通貨もゲーム内では必要なものですが、アイテム課金制では使用することはできません。本当のお金を支払うことで、ゲーム内通貨とはまた別に、特別なアイテムを購入することが可能となります。最も、アイテム課金はもちろん強制ではありませんので、アイテム課金を使用せずに無料で楽しむことも十分に可能です。ただ、アイテム課金を使用した方が、より深くそのゲームを楽しむことができます。また、ゲームプレイ料金無料とはいえ、ハンゲームへの登録は必要不可欠となりますので、まだハンゲームに会員登録していない方は、先にハンゲームへの登録を行ってください。ハンゲームへの登録は無料ですよ。